マイナス感情を貯めない方法

  • 2014.07.06 Sunday
  • 09:41
感情はエネルギー

抱いている感情は

身体にエネルギーとして蓄積される

何か感情を我慢するとき

私たちはアゴを引き

背中を丸め

喉と胸とお腹を閉じるように縮める

言いたいことを抑え

胸とお腹にしまい込む

この部分に感情のエネルギーが溜まる

怒り、恨み、憎しみ、恐怖、心配

悲しみ、せつなさ、など

私たちはしまい込む

普段は思い浮かばなくても

身体に記憶されている

そのエネルギーを出して上げると

楽になる

ときにお腹が楽になる

胸がスッキリする

あちこち気が通るように

スッキリ爽やかになる

楽になる方法は

座っていても寝ていても可

座っている場合は背もたれが欲しい

寝ている場合はマクラを肩のあたりに

アゴを上げて

喉と胸とお腹を開くようにする

口を開けてお腹から息を吐くようにする

一呼吸づつ言葉を唱える

夢声でも可

・感情に蓋をしていた、蓋を開ける

ハーと息を吐く

・深い悲しみが出ていく

ハーと息を吐く

ありがとうございます

・恐れが出ていく

ハーと息を吐く

ありがとうございます

・欲張りが出ていく

ハーと息を吐く

ありがとうございます

・怒り、恨みが出ていく

ハーと息を吐く

ありがとうございます

・プライドが出ていく

ハーと息を吐く

ありがとうございます

常用していた胃薬が不要になるかもしれません

イライラもなくなり円満になります

マイナスの感情は貯めない方がいい

慢性病の元になります

マイナスを出してプラスを取り込みます

笑顔が中から湧き出て

幸せを呼びます



コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM