気で聴く

  • 2013.05.19 Sunday
  • 08:18

耳で聞くことは音を聞くだけ

心で聴くことは自我であれこれ分析したり評価する

気で聴くと一切を包み込んで受け容れる

気とは自らが空っぽになった状態

自分も周りも空っぽになるから一つになる

自我から離れ自然な状態

無為自然


人との関わり

組織との関わり

社会との関わり

大自然との関わり

宇宙との関わり

すべての本質だ

気の原点でもある

虚になると気の世界になる

中国の古典 荘子の思想を引用した


”まず心を一つにする

耳で聞かずに心で聴く

心で聴かずに気で聴く

耳は音を聞くだけで

心は物に応ずるだけ

気とは自ら空虚の状態にあって

一切の物事を受け容れる

道は虚に集まる

虚であることが、心斎である”

(人間世篇より)








コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM