気功法で変性意識状態へ

  • 2013.04.11 Thursday
  • 07:11


気功法は内なる気を高めていく

身体の中に気が流れる道がある

中国では経絡という

まるで気を運ぶ鉄道網のように

身体中をめぐっている

経絡の上には経穴(ツボ)がある

鉄道と鉄道が重なる部分も含め

駅のように身体中にある

中国の気功法は

この経絡と経穴を開くことを気功法という

王朝時代

気功法開発者は中国医学をベースに

理論的に説明して献上したもののようだ

その効果がなければ打ち首の時代もあったという

気功法を続けることにより

その効果は多方面にわたる

病気の予防及び改善

変性意識状態となり

気という存在を認識できるようになる

その認識は利用へとつながり

意図することで気を操れるようになる

すべての存在とつながる感覚を獲得できるようになる

哲学・心理学・宗教から伝わる本質を体感するものと考える

地球に守られて

すべてとつながっている感覚を体験できる

至福感が自然に湧き上がり

ただただ幸せな感覚に包まれる



コメント
素晴らしい心境ですね。
  • Green bird
  • 2013/04/25 3:32 AM
お読みいただきありがとうございます。
  • 中村康弘
  • 2013/04/30 8:25 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM