気を高め人間性を向上させることの両輪 気功法を学ぶ(15)

  • 2011.06.07 Tuesday
  • 06:11




気功法を学ぶにおいて私自身目的があった

 

人間関係を円滑にすること

 

人に気後れすることなく関われるようになること

 

自らの潜在能力を引き出すことだった

 

 

過去のマイナス体験を笑い飛ばせるようになりたい

 

飾らない自分をさらけ出しながら生きていこと

 

自分を縛らず相手も縛らない生き方だった



求めているすべての答えは自分の中にあった


自分が本来の自分によみがえることだとわかった 

 

超能力が出せること

 

潜在の能力の開発

 

生きる使命を見つける

 

健康で快適な生活をする

 

囚われをなくす

 

明るく暮らす

 

人を元気にさせる

 

外気功のマスター

 

人格の向上

 

心地いい関係

 

無念無想になる方法

 

ツキを呼ぶ生き方

 

気を感じる生活

 

これらは正しい気功法で同時に手に入れることができると

 

確信できるようになった

 

気功教室ではそれらをその時皆さんの状況でお話しすることにしている

 

もちろん私自身も発展途上人

 

互いに高め合える環境を作ることが仕事である

 

 

気を高めると弊害として慢心傲慢心が吹き出る


支配と依存が生まれやすい怪しい世界となる


宇宙の真理に力の上下関係はない


人間性のいい方その瞬間にしか超能力は授かれない


ツキもご縁も明るさも同様


原則は自助自律であり助け合いだ


しっかりと人間性の向上もテーマにしなければならない


気を高め人間性を高める



 


  
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM