労宮から開く

  • 2012.06.04 Monday
  • 09:35

手のひらの中央に

労宮というツボがある

気功法を続けていると

このツボが開いてくる

開くといっても

見た目に何か変化があるわけではない

感覚的に開く感じで

まるで部屋の窓を開けた感覚だ

身体と外がつながる感覚

労宮の開きが大きくなれば

全身でつながりを感じるようになる

つながる感覚とは

電波の送受信のようだ

そして次第に皮膚の表面を

電気が走る感覚になる

中国医学に経絡が説明されている

経絡とは気の道を図解したものだ

なるほど経絡があるな

と身体が感じる

この頃になると邪気も受けやすくなる

身体に邪気が滞留しないように

常に身体から出すことをしなければならない

怠れば感覚が鈍り

また身体を悪くする

謙虚に謙虚に

毎日外に出す

気の感覚に目覚め

予知能力に優れたり

人を癒す能力に優れたり

人のお役に立てた方が

後にお身体を悪くされたり

能力がなくなられたり

これらは出すことを怠ったためであろう

毎日外に出すことだ

出す方向は下に

下に下に出す

下から出せば

謙虚になれる

大自然に対して謙虚でなければなるほど

一体になる









下丹田のチャクラを開く

  • 2011.07.23 Saturday
  • 06:57



 
気を高める訓練である練功が終わった後は

気が下から上に上昇しがちである

そこで練功が終わった後は気を静めるため

下丹田に気をおさめるといい


「腹が据わる」感じで落ち着く

しかも下丹田のチャクラ(ツボ)が開く


方法は

両手を開く 

手の中指の延長沿いに労宮というチャクラ(ツボ)がある


この労宮を左右あわせる(手の上下は問わない)

親指と親指をひっかける感じだ




その両手を下丹田にあてる

下丹田はおへその指三本分下である



左右の労宮と下丹田と三つのチャクラ(ツボ)が重なると

温かくなる

その両手を時計回りで6回、逆に6回小さく回す





身体から邪気を出す 会陰(ツボ・チャクラ)を開く

  • 2011.07.02 Saturday
  • 06:31
 

「放射能が心配」

「悪いものが身体に溜まっているんじゃないか」

「ストレスがたまる」

「何故だかイライラする」

「ニュースを見ても頭に来る事ばかり」

「毎日疲れがたまる」

よく耳にする言葉だ


こんな時代だからこそ大切な呼吸を法改めて紹介する

改めてとは少し前に紹介したがなかなかわからなかったかもしれない

画像がないからだったかもしれない

なんといってもその重要性に気づいてもれえないからかもしれない


近いうちに正式に名前を付けて伝えたい


<目的> この呼吸法の目的

1、身体に溜まった邪気を外に出す

2、最重要なツボ・チャクラである会陰(えいん)を開く

3、精神性を高める 腹が据わり落ち着いて怒りにくくなる

4、脳波がシータ波になり無念無想になる

5、上虚下実そのものとなる ココを参照


<方法>

1、背中を真っ直ぐにして座る

2、頭のてっぺんが天井に引っ張られるような感じに

3、労宮を開き両ひざに乗せる ココを参照

      ここでは労宮は開くだけで意識を向けない

4、身体の力を抜く

5、自然な呼吸をする(力を抜いて)

6、息を吐くときに肛門からスーと気が出ていく感じをイメージする

    肛門がはっきりイメージできるようになったら肛門の少し前の会陰をイメージする

    肛門でもOK!



上の写真のようにしてから息を吐くときだけ肛門をイメージして吐く

吸うときはどこにも意識を向けない


<解説>

1、人に合う、満員電車に乗る、パソコンの前にいる、電話をする、人の体に触れる

  これらは、結果として邪気を自然にもらってしまう

  その邪気をためていては身体によくない

  だから毎日出す

  身体から邪気を出す場合一番出しやすい場所がこの場所だ


2、我々は呼吸が浅くなってしまっている

  深くてもせいぜい胸までだ

解説のための写真 実際の動作ではない

3、お腹全体にまで深く呼吸する

  そして肛門から吐くことをイメージすることにより

  上がっている気が下がるようになる


4、開きたいツボ・チャクラをイメージして吐くことにより開く


解説のための写真 実際の動作ではない

5、ツボ・チャクラは下から開くことが大原則

6、イライラしなくなり 落ち着いてことにあたるようになる

7、疲れがたまらなくなる

8、脳波がシータ波になり自らを癒し、周りの方を癒すの存在となる

9、上虚下実とは頭が涼しく腹が充実ということである「腹が決まる」

10、毎日10分行おう よくなりますよ

  気持ちの弱い方から上級者まで必須科目だ


吐くときだけ肛門から邪気を出すイメージで行う






上虚下実(じょうきゃかじつ)

  • 2011.06.30 Thursday
  • 07:08





「頭にきた」 「血がのぼる」 「気があがる」

怒りがこみ上げるときを表す言葉だ 

気が上に上がっている状態をそのまま表現している


反対に

「腹が据わっている」 「腹に落ちる」 「腑に落ちる」

落ち着いてどっしりしたときを表す言葉だ

気がお腹のあたりに落ちている状態をそのまま表現している

このときの頭は涼しく、お腹のあたりが充実した状態になる

これを上虚下実(じょうきょかじつ)という


気功法でもヨガでも正しい訓練はこの上虚下実は大原則だ

気の感覚はツボ・チャクラを開くことによって生まれる

もちろんある日突然開くこともある

生まれたときにはすべて開いていたという説もある

中国ではツボ インドではチャクラと呼ぶが

気を出し入れする窓のようなものだ

この窓を開くことが目的だ


しかし大切な原則がある

下から開くことだ

すでに上が開いている人も最近多くみられる気がする

そのような方も含め

地道にしたから開かなければならない


昨日のブログでは手のひらにある労宮というツボの開き方を説明した

今後、下からツボ・チャクラを開く方法を説明する

必ず下から開くこと

上からまたは上ばかり開くと副作用が出るばかりだ


霊感のある方は上が開いている百会(ひゃくえ)だ  (下の図参照)

この百会が開くと神の声・大自然の声がする

繊細で平和の良さをよく知っている

未来の予言すら降りてくる

霊も見える

ただしそれだけでは危ない

現実に許せないことが多く

平和を望みあまり戦ってしまう

その情報量で安定感がなく体まで蝕まれてしまう


反対に鈍感で傲慢に見えるほど力強く生きている人は

ブルドーザーのようなこの力強いリーダーは

仙骨・尾骨(下の図参照)のツボ・チャクラが開いている

オーラが恐竜のように大きな尻尾のようにある

ただし、怒りっぽいところがある場合は

呼吸が上がっているからだ


呼吸が上がるとは吐くときの状態だ

腹式呼吸とは違う

吐くときに上に向かうか 下に向かうかだ

上に向かうと息が上がる状態

吐くとき下半身に向けると上虚下実となる


数回渡ってツボ・チャクラを開く方法を説明する

会陰  仙骨・尾骨  下丹田  最後に百会の予定

くれぐれも上虚下実だ

そして練功(身体を練る)ことも同時に行うこと

この説明も同時にする

みなさんの能力・脳力の開発、健康で幸せな生活のお手伝いができることを祈る



労宮を開く ツボ(チャクラ)を開く 

  • 2011.06.29 Wednesday
  • 06:23
 


気功法とはツボ(経穴)を開くと 経絡を開くこと

ツボを開いてみよう

労宮(ろうきゅう)と言うツボだ

手のひらのほぼ真ん中、中指の延長上になる

人差し指から小指までを折る


中指を残し元に戻す


中指が手のひらにあたっているところが労宮だ

Oリングテストで見てみるとよくわかる


空いている手の親指と人差し指で回る輪をつくる

輪が開かないように力を入れる




どなたかにこの輪を開いてもらう




これをOリングテストという



労宮に中指を当てたときと



指を離したとき



それぞれにOリングテストをすればわかる

中指を労宮に当てたときの方が断然強い


さてこの労宮を開いてみよう

左右の手のひらを上に向けて両ひざの上に置く

労宮の場所に意識を向ける

息を吐くとき労宮から息が出るようなイメージで吐く

吸うときは何もイメージしなくてよい

息を吐くときだけ労宮をイメージする


はじめは中々手のひらが開かないものだ

しっかり開くように練習すること


労宮は内臓とつながっているツボ

内臓が元気になる

また心ともつながっている

ストレス、イライラからも解放される

一日の疲れが労宮から出ていく


ツボは労宮から順番に開いていこう

労宮が開くようになると気の世界に入れる

毎日やってみよう

五分でもいい 深い瞑想に入ることもできる


手のひらで気がわかるようにもなる



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM