パワフルな自分らしさに変える方法

  • 2013.05.20 Monday
  • 07:39

子供の頃とても内気だった

思春期になって

女性の裸に興味を持った頃

この込み上げる情動は異常だと思っていた

誰にも打ち明けられずに

誰かとの共感も共有もなかった

ひとり悶々としたものだった

この情動はとても秘めたもので

本来の自分ではないと

その部分を切り離していた

これが男の子として自然な情動と

オープンに話ができるのは

高校生の時だった

何かつかえていた胸がスーッとしたのを覚えている

同時にあれもこれもオープンになっていった

心をオープンにすると気持ちが楽になる

無意識に自分を押さえ込んでいたものがなくなった感覚

かといってその情動を満たすために羽目を外す訳でもない

抑えるから悶々としていただけだった

分かり合える人がいてくれるだけで心が強くなった

これは一つの例だけれど

湧き出る感情、情動

感じる感覚

これはどれも”自分らしさ”だよね

自分を突き動かす内側からのエネルギーだよね

これを行動に移すかどうかは別として

そのエネルギーが自分だものね

感覚を否定する人が多い

「最近こんなこと感じるのですが異常でしょうか?」

「こんな気持ちになるのですが変ですか?」

「私の中にあるこの部分って許せないでしょ?」

実際におこる感覚を否定してもどうにもならない

だけれど否定する

自分の中で葛藤する

これは隠すとか隠さないではなく

出口のない悶々とした闘いだ

自分の考え方感じ方行動が

普通か?変(へん)か?

自身に問いかけて修正しようとする習慣

現代人は真面目だ

”普通になりたい”だから”へんになりたくない”

実は人間の感覚は十人十色

みんなそれぞれ”へん”に生まれてきたのに

”ふつう”になろうとする

自分の中にある”ふつう”と”へん”が闘うから

エネルギーが内側に向かって自分を攻撃してしまう

”自分が嫌い”になる

自分の中にある”へん”を表現して共感してもらえる人がいれば

心がオープンになってくる

”自分を変える”これも葛藤を生む

自分の”へん”を自身で良し悪しでなく認められれば

そのためにはひとりでは難しい

良し悪し、○×をつけない人に打ち明けるだけで

認められるようになる

そして心が晴れてオープンになると

十人十色の自分らしさがメラメラ湧き上がる

周りは「変わったね」「強くなったね」と思うようになる

昔から天才はどこか”へん”だった

十人十色に生きれば十人とも天才

そのエネルギーは考え方でも教えからでもない

自分の感覚

湧き上がる感情、情動

そこに自分らしく生きるエネルギーがある

エネルギーが外側に向く

自分らしさが出てくる

”あれをやってみたい””この人達に役立ちたい”

誰かの期待に応えることもない

あなたの”へん”をボーッと聴いてもらおう

友達の”へん”を余計なことを言わないで

”変えよう”と思わないでボーッと聴いてあげよう

それだけで十人十色に変わっていく

プラス思考も

変わろうとする思いも

励ましも

期待も

葛藤につながるので要らない

只々ボーッと聴いてあげよう

ボーッとする感覚が気の感覚

このような関係があればいい




直観力を磨いて生き抜こう

  • 2011.06.24 Friday
  • 05:36



一緒にいて息の詰まる人がいる

反対に呼吸が楽になる人がいる

場所だってそうだ

呼吸が楽になるところと

息苦しくなるところがある

私たちはその時の状況で呼吸が変化する


自然に体が反応している

これは私たちが生命体を維持するためにつくられた反応といわれる


生命体はいつでも生き延びようとしている

そしてその生命をつないでいこうとする本能がある


単細胞といわれるアメーバーでさえ当然である

当然というよりもっとわかりやすい

単純になるほどわかりやすい

判断力は単純ほど素晴らしい


環境のいい場と悪い場をつくっておいて

そこにアメーバーを放つ

アメーバーは環境のいい場に移動するのだ

これが生命を維持させるために備わっている生命の機能だ

その機能は生命体には備わっている

植物だって必要な環境の方に伸びていく


私たち人間にも備わっている

人間にはそのような生命を守る感性が備わっている


私たちは理性に頼る文化を長く営んできたが

私たちの感性こそ生命を守る大切な機能だ


アメーバーのように判断できる機能がある

その手がかりになるのが呼吸だ

呼吸が詰まるかNO! 呼吸が楽になるかYES!

詰まる方向はなるべく避ける

呼吸が楽な方を選ぶ

いくつか物を持って判断してみるといい

先入観を一度止めて呼吸に集中するとわかる

実は理性が判断力の邪魔になることが多いものだ

だから理性はほど”空気読めない”のだ


この感覚を大切にすることができると

直観力が身につく


先入観を捨てる方法

呼吸に意識を向ける

これも気功法のだいご味でもある


どんな理詰めな経営者でも最後は直観力に頼るもの

以外に占い師の意見に頼るもの

総理大臣、上場企業の社長でもである


ことあるごとに呼吸に意識を向けてみる

繰り返し繰り返しによって身につくもの

磨かれるもの

これが気を感じることでもある


直観力を磨いて生き抜こう





 

心地よい人を目指す

  • 2011.06.18 Saturday
  • 06:35



頭のいい人ってどんな人だろう

脳トレといって脳をトレーニングする本が出ている

漢字の書き取り 計算力  

テレビでも高学歴のタレントが難しい設問に答えている


いつまでも若くいたい

脳を鍛えれば若くいられる

そのようなことで脳トレがあるようだ 


この脳トレの 漢字の書き取り 計算力は 確かにわかりやすい

結果がわかりやすい

ただし頭がいいってどんな人だろう


脳の働きにはいくつもある

その中の主流が知識力、計算力とされる

人を比べる偏差値など客観的に評価しやすい

だからもっともポピラーだ


コンピュータの能力が上がった現在

今やどのような優秀な人でも知識力、計算力は

コンピュータにはかなわない


コンピュータがどうしても真似ができないのが

まわりを心地よくさせることだといわれる

これは私たちの脳の特性といわれる


コンピュータに仕事を奪われている現代

まわりを心地よくさせることが大切な時代だと思う


震災後明確になってきたことで

政治家の無力さ 東大の学者の無力さだ

言い訳がましい言葉が溢れている

自分たちの保身に入ると

こんなにも醜いのか 頭が悪いのか

おろかにしか見えない


頭のいい人って「まわりを心地よくさせる人」だよって

伝えていこう

仕事場でも 家庭でも 友人同士でも

「まわりを心地よくさせる人」でいよう

心地よさは身体の免疫力も上がる


 

♪かあさんお肩をたたきましょ タントン タントン タントントン♪

  • 2011.05.18 Wednesday
  • 06:13



懐かしい歌がある 

♪かあさんお肩をたたきましょ タントン タントン タントントン♪

この歌を歌いながら肩たたきをすると不思議と肩がほぐれる

この歌を歌いながらたたくことに大きな秘密がある


この歌を歌うと雑念が消える あれこれ考えられなくなる

この歌はたたく人もたたかれる人をも楽しくさせる

仲良くなる こころがほぐれる からだもほぐれる


この無念無想がほぐす働きになる

ほぐすとは「解す」と書く


このブログで「微生物が放射能を浄化する」(5月7日付)をアップした

過去にも微生物が放射能を浄化した

広島 長崎の原爆被害を微生物が浄化したようだ

今回の放射能汚染を微生物で浄化する実験を終えて成果を出している

この代表高島博士は造り酒屋の息子さん

杜氏によって麹の働きが違うことを知っている

微生物は人の意識によって動きが変わるようだ

農家の方も同様に言われる

人によって育ち方が変わるようで

この鍵が無念無想という


古代から無念無想になるための知恵がある

歌を歌って作業する

お経を唱える 聖歌を歌う


縄文気功は肩たたきの延長でからだ全部をほぐす

七沢荘のから生まれた気功法

私は今日も歌いながら縄文気功をする

♪かあさんお肩をたたきましょ タントン タントン タントントン♪






「大丈夫だから それでいいんだよ」

  • 2011.05.13 Friday
  • 06:57

 

先日ある教室でのお話し

途中からご年配のご夫婦が初参加された

「こいつよ どうも心の病のようなんだ

だから気功っていうから効くかもしれない

と思って来てみたんだ」

奥様を紹介しお座りになった


気の状態を知る手がかりとして

o-リングテスト、キネシオロジーなどがある

筋肉の強さから見る方法である


通常なo-リングテストの方法は

親指と人差し指で丸く輪をつくり

お相手が同じように両手で輪をつくって

その指を開く

この時の指の強さによって

気の強弱を測定する

気の世界では大変ポピラーな方法だ

プラスの気では指の強さが強く

マイナスの気では弱くなる


お試しは自分自身が女性なら

「私は男性だ」と唱えて行ってみると指は弱くなる

「私は女性だ」と唱えると指は強くなる

ウソ発見器のようにも使えるわけだ

プラスの気は筋肉が強く マイナスの気は筋肉を弱くさせる


「先生 気をよう 送るってあるだあろ それってどういうことだい」

先ほどのご夫婦のご主人が言われた

「どんな時にお使いですか」

「そりゃあ うちの女房がなあ 調子悪くてな 俺が気を送れるんだったらなあ」


奥様に前へ出ていただいた

「気はイメージでもある イメージは言葉に置き換えられる

言葉を送って説明しましょう」

奥様に親指と人差し指で丸く輪をつくっていただき


私が開いてみた


ある程度の力はあるが開きやすい

そこで奥様の両肩に手を置き

「心配だ 良くなって欲しい もっと頑張れ」

と言葉で伝えた

そしてまた同じように指を引っ張ってみた

先ほどよりもっと弱くすぐに開いた


次にまた奥様の両肩に手を置き

「いいんだよ 今のままで ここにいてくれるだけでいいんだよ

いつもありがとう」

と言葉で伝えた

奥様の指はいくら引っ張ってもびくともしなく強くなった

私も奥様も教室の皆さんの目からいっぱい涙があふれた

「先生よ それよ 難しいなあ」ご主人がお顔をお崩しておっしゃった

「俺70になるんだ 女房は俺より5つも上だよ 一緒に苦労したよ

だけどさ 難しくて言えないんだけど 俺 女房が大事なんだよ」

会場全体にプラスの気が充満していた


私たちは大切にしている人に対して つい心配してしまう

人に気持ちを向けてもらうために「心配してほしい」と思ってしまう

しかし「心配」「もっともっと」「なって欲しい」は現状否定であり

気はマイナスになってしまう

プラスの気とは相手に求めることなく「現状に感謝して」「それで十分だ」

という状態がプラスの気となる


近年うつ病が増え社会問題になっている

私は「過度な期待」「もっともっと」「こうあるべき」など「求める」こと

「現状否定」の成長経済そのもののマインドがさせてきたと感じている

一見成長の言葉に聞こえないが

「これでいいん」「そのままでいい」「今のままで充分」

「現状肯定」の足るを知るマインドが心の豊かさを生み

心も身体も健全なせいかつにつながると確信を持っている


経済が豊かになっても 幸せからますます離れ 家庭は崩壊し

多くの病人をつくり 治せない病院に長時間待たされ 

薬漬けになり 薬害を生み

国の金庫は健康保険でパンクしてしまう

その不幸の連鎖から離れ

健全なる自助自律な生活者を増やすことが

私の仕事と改めて確認した 


高度成長経済の時代は男の時代だった 男の特性そのものだった

減速経済となり そして低成長経済となるであろうこの時代

今までの男の生きざまを全否定されているように感じる

ここは男にとって一番苦手な素直になることが大切であり

突破口と感じている

男はつくられた 男は心を見せてはならなかった

この素直さの前にある壁を破ったとき健全な心と身体を取り戻せるはずだ

男たちがそれに気づく日もそう遠くない


教室終了後ご夫婦は「また来月来るよ」といって肩を並べお帰りになった


ありがたい ありがとうございます たくさんの気づきをいただきました

無限の無限のありがとうございます

「あれはあれでよかった」「あれはあれでありがたかった」

  • 2011.05.10 Tuesday
  • 06:52




「ああすればよかった」「こうすべきだった」 

つい後悔してしまう

後悔は精神面を大きく左右させる

もちろん健康面にまで影響する

胃のあたりに何か苦いものが出ている感覚になったことがあるだろう


過去のことを悔やんでいるうちは中々、今、未来、に気持ちがいかないものだ

後悔はいけないとはわかっていても後悔をしてしまう

これに有効なのが言霊だ


「あれはあれでよかった」「あれはあれでありがたい」

これを繰り返し繰り返し唱える

無言で唱えても効果あり

後悔の言葉が出てこないくらい繰り返す


どのくらい唱えるの?

もう後悔の念が出なくなるまで唱える


「あれはなれでよかった」「これもこれでよかった」

「あれもこれもありがたい」「よかったよかった」

「よかったんだ」

こんな感じだ


正しいとか、正当化とか、ではなく

ただただ受け入れるためでもある

過去を受け入れなくては「いま、ここ」にいられない


「必要必然ベスト」「プラス思考」よりは

具体的に心がほぐれ癒すこともできる


みるみる人相も変わる











calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM